一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

大学時代に軽自動車を売った時の体験談!見積もりにかかる時間や予約方法など

スポンサーリンク

車売るときっていろいろ悩みますよねー。なにが必要なのか?どこにお願いすればいいのか?依頼してからの段取りは?買い取りまでの日数は?

 

自分は大学を卒業するときに軽自動車(ピノ)を売ったんですが、当時車に関する知識はなにもありませんでしたから、不安でいっぱいでした。それでもなんとか売却できたので、依頼から売却までの流れをここでまとめておこうと思います。

 

あ、巷でよく言われている「見積もりは複数社でするべき!」というのは本当です。自分は2社に依頼したのですが、見積もり価格が3倍になりました。まぁ、1万円→3万円なんですが・・・。その流れについても書いていきますね。

 

 

売った車に関する情報

 

まずは売却した車に関する情報を。車種は日産の「ピノ」で、購入してから5年が経過していました。新古車で購入したので、製造年は平成18年(だったような)で、購入年が平成22年、そして売却年が平成27年ですね。

 

走行距離は6万kmほど。事故とかぶつけたりとかはなかったです。一般的な状態だったのではないかと思います。あ、でも車検切れでした。

 

 

平成26年の9月に売却手続きをスタート

 

売ったのは平成27年の3月だったんですけど、売却手続き自体は前年の9月から初めてました。といっても、1社にだけ見積もりを依頼したあと断って、3月まで放置してただけなんですけどね・・・。

 

まずどこに見積もりをするか決めようとしたんですが、「そもそも車買い取ってくれる店とかなんも知らんぞオイ・・・」ってなったので、ネットで調べました。すると、一括見積をすればまとめて見積もりをしてくれることがわかったので、とりあえず車種情報や個人情報を登録してみることに。

 

ここで一つ失敗談が。自分は情報を登録するとネットで全て診断してくれると思ってたんですが、そのあといろんなお店から電話がかかってくるんですよね。見積もりは何時にしますか?って。

 

いやまぁ、車種と購入年月と走行距離だけで見積もりができるわけないので、当たり前なんですが、当時の自分はそんなことすら知りませんでした。登録が終わるとドバーッと電話が来るから注意してね!

 

で、最初に電話が来たのが「ティーバイティーガレージ」で、翌々日に見積もりに来てくれることに。そして、それで満足して他の電話は全く取りませんでした。これは失敗談その2です。後で説明しますが、やっぱり複数社に見積もりを取ってもらったほうがいいです。何度も電話を無視したんで迷惑な客に思われたでしょうね・・・。

 

 

売却手続きに必要なものを揃えておくように言われる

 

見積もりの際、スムーズに手続きができるよう、売却に必要な書類を揃えておいてくださいね、と電話口で言われたので、それらを準備することに。

 

やば、失くしちゃったかも・・・というものもありましたが、無事に見つかって一安心。準備したのは以下のものです。

 

・車検証

・軽自動車税納税証明書

・自賠責保険証明書

 

納税証明書があるかどうか不安でしたが、車検証を入れてるファイルに一緒に入ってました。ナイス自分!納税証明書は失くしても再発行してもらえるみたいですが、やっぱり面倒くさいですからね。

 

準備もできたし、後はティーバイティーガレージの担当者の人を待つだけです。

 

 

見積もり開始

 

13時の約束だったんですが、その時間ピッタリに来ました。プロってすごい。30歳前後くらいのバリバリの営業マンっぽい人でしたね。

 

で、玄関で名刺を渡されて、車のところに案内し、車のカギを渡して見積もり開始。見積もりの間、自分は部屋で待機してました。

 

見積もりの時間は20分くらいだったかな?終わりましたーとインターホンで連絡してくれて、部屋に上がってもらうことに。

 

じゃあさっそく見積もり結果を・・・!とワクワクしていたんですが、本社から結果が届くまではしばらくかかるそうで、その間は一緒に部屋で待機することになりました。

 

 

暇な待機時間、そして見積もり結果は・・・?

 

連絡待ちの時間で車の状態とかについて話してもらえたんですが、まぁ、時間余りますよね。本社からの連絡が来るまで30分くらいあって、車の状態の話は5分くらいで終わったので、なんか、世間話とかしてました。正直ちょっと辛かったです。ごめんなさい。

 

疲れてきたころにようやく本社から連絡が来て、見積もり結果は1万円ということに。自分は1万円という結果にとくに不満はなかった(むしろ値がついたこと自体嬉しかった) のですが、最初から複数社に依頼するつもりだったので、とりあえず様子見させてくださいと伝えました。まぁ、他の会社からの電話は全部無視していたんですが・・・。

 

が、向こうも営業のプロ。なんとか成約させようとあの手この手で揺さぶってきます。今契約してくれたら2万円にします!とか、高く売れるのはこの時期だけですよ!とか。

 

自分も折れる気はなかったので、他の会社の見積もりを見てから再度連絡させてくださいと伝え、そのときは帰ってもらいました。1万円かぁ、これってどうなんかなぁ・・・とか思いながら。かかった時間は全体で1時間30分ほどでした。

 

 

そのあと半年忘れてた

 

そのあと車を売る手続きが急にめんどくさく感じ、半年間放置してました。で、卒業がいよいよ近くなり、早く売らなきゃ!ということで、売却手続きを再開することに。

 

もう一度一括見積りサイトの利用を考えましたが、前に電話してもらったところに連絡すればいいか、ということで、「ガリバー」に直接電話して見積もりの依頼をしました。

 

見積もり当日、約束の時間ピッタリに来た人はおじいちゃん風の優しそうな人でした。またバリバリの営業マン風の人が来ると思ってたので意外でしたね。

 

見積もりの流れは前回とほとんど同じでしたが、大きく違ったのは全ての手続きを家の外で行ってくれたこと。本社からの連絡待ちの間も、担当者の人は外で待機してくれたので、前回のように気まずい思いをすることもありませんでした。

 

 

見積もり結果が3倍に

 

車の状態チェックを終えてしばらくすると、本社から連絡が入ったようで、インターホンで連絡してくれました。そして見積もり結果を聞くと、なんと3万円。

 

あれ?上がってる?放置してたのに?なんで?とか思いましたが、それについては聞かず、さらに引っ越しまで時間がなかったので、すぐに売却することを伝えました。

 

あとは売却に関する書類にサインして、その日の手続きはそれで終わりました。見積もりにかかった時間は全部で1時間くらいだったかな。また、車を回収するときに立ち会う必要はなく、こちらで勝手に回収していくから車に忘れ物はしないでねーと言われました。これは自分が賃貸に住んでいて、比較的広い駐車場に停めていたからかもしれません。一軒家とかではまた違うかも。

 

それで車の回収に来たのが契約から1週間後、そしてお金が振り込まれたのは契約から3週間後でした。

 

車の買取価格が上がった理由

 

正直わかりません。ただ、売った時期は関係ありそうです。年度の初めは車を買う人が増えるそうなので、中古車買い取りの需要が上がり、その結果見積もり価格が3倍になったのかもしれません。12月、1月とかに売る予定なら、もう少し待ってみてもいいかもしれませんね。

 

あとは、車を洗車したから・・・?とか、ティーバイティーガレージの人には大学生だからといって足を見られていたから・・・?とか、いろんな要因が浮かびますが、どれも当たってそうで、当たってなさそうですね。

 

ただ、やっぱり見積もりは複数社にお願いしたほうがよさそうです。自分のケースでも3倍になりましたし、上手く交渉材料に使えばもっと価格を上げてもらうこともできるのではないでしょうか?「あちらさんはおたくより5万円も高い値段を提示してくれてるんだけどなー」みたいな。

 

 

まとめ

 

車の売却は大きなお金が動きますし、車への愛着もありますから、自分が納得できる金額で売りたいですよね。

 

また、初めて車を売るときはわからないことばかりで戸惑ってしまうと思います。とくに大学生なんかは。

 

それでも手続き自体はそう難しいものではありませんから、いくつかの会社に見積もりを取ってもらって、単純に一番いい価格を提示してくれたところに売る!みたいに考えておけばOKだと思います。車の売却が上手くいくように祈ってますね!