一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

ランサーズの報酬の受け取り方は?出金手数料を安くする方法も解説

スポンサーリンク

ランサーズの報酬の出金方法ってちょっとややこしいんですよね。どうやって口座に振り込んでもらうの?から、今回は振り込んでもらう必要なかったのに!なんてことまで、自分も何回かつまづきました。出金手数料として1回の出金につき500円かかってしまうので、なるべく振込回数は抑えたいところです。

 

そこで、ランサーズの報酬の出金方法についてまとめ、わかりやすく記事にしてみました。ぜひ参考にしてください。

 

あと、出金手数料を100円にする方法があるのをご存知ですか?その方法についても書いたので、知らない人は要チェックですよ!

 

 

ランサーズ報酬の出金方法は?

 

クライアントさんから頂いた報酬、少しずつでも貯まっていくと嬉しいですよね。ただ、このままでは当然使えません。自分の口座に出金してもらう必要があります。

 

ランサーズの報酬振り込み日は月に2回と決められており、それぞれ15日と月末です。ただ、振り込みのルールが少しややこしいので整理しておきましょう。

 

15日に口座に報酬を振り込んでもらいたい場合、前月の月末までに出金の手続きを済ませておく必要があります。たとえば、プールされている報酬金を6月15日に出金してもらいたいなら、5月31日までに出金手続きを終えていないといけないわけです。6月30日に出金希望なら6月15日までに手続き、ということですね。ついうっかり忘れるとまた半月待たなければいけないので注意しましょう。

 

 

報酬振込先の口座情報を登録しよう

 

報酬を受け取るためには、振り込み先の口座情報を登録しておかなければなりません。登録ページへ移動するには、「マイページ」の左下にある「支払い管理」をクリックし、表示されたページの上のほうにある「報酬出金管理」をクリックすればOKです。わかりやすいようにスクショを貼っておきますね。

 

 

表示されたページで少し下にスクロールすると、口座情報を登録する欄があります。間違いのないように正しく入力しましょう。間違いがあると入金が遅れるうえに、組戻手数料として余計に648円かかってしまいます。

 

口座情報を入力したら、その下にある「振込確認」の項目にチェックを入れて、「上記に同意し、情報を登録・更新する」をクリックしましょう。項目欄にチェックを入れずにボタンを押してしまうと、情報が更新されないので注意してください。

 

これで振り込み口座の登録については完了です。あとは「出金方式」の部分について理解すれば、ランサーズの報酬管理はバッチリですよ。

 

 

出金方式について

 

振込口座を入力する欄の少し上に、「出金方式」という項目がありますね。「自動出金方式」と「キャリーオーバー方式」の2つの項目があり、これを切り替えることで出金のタイミングを操作することができます。

 

わかりやすいように具体例を出しましょう。たとえば、6月30日に出金したい場合、6月15日の夜(23:00くらい?)時点で、「自動出金方式」にチェックを入れておかなければなりません。このタイミングを過ぎると6月30日の出金はできなくなり、7月15日まで待つことになるので注意が必要です。

 

逆に、6月30日には出金せず、次回以降の出金タイミングまで報酬金をプールしたいなら、6月15日の夜時点で「キャリーオーバー方式」にチェックを入れておく必要があります。判定のタイミング(15日と末日)にどちらにチェックを入れておくかで出金されるかどうかが決まると覚えておきましょう。

 

一度出金するたびに手数料が500円かかるので、出金回数はなるべく抑えたいところです。各月の15日と末日には、希望の出金方式になっているか忘れずに確認しておきましょう。

 

出金方式の切り替えは、希望の方式にチェックを入れ、「振込確認」の各項目にもチェックを入れてから、「上記に同意し、情報を登録・更新する」をクリックすればOKです。「振込確認」のチェックを忘れると、ボタンをクリックしても出金方式が切り替わらないので注意してください。自分はこれで何度か不本意な出金を経験しました・・・。

 

口座への振込タイミングは15日か末日のどちらかですが、それらが土日祝日だった場合は、次の営業日にズレ込むことも知っておきましょう。

 

 

出金手数料を500円から100円にする方法

 

ランサーズでは一度出金するたびに出金手数料として500円かかります。そこまで高額ではありませんが、痛い出費には変わりありません。1回だけならともかく、積み重なると馬鹿になりませんからね・・・。

 

ただ、ある方法でこの手数料を100円に抑えることができます。それは非常に簡単な方法で、振り込み先の口座を楽天銀行にするだけです。それだけで手数料が5分の1になりますから、ぜひ楽天銀行の口座を登録しておきましょう。

 

自分も最初は東京三菱UFJ銀行にしていましたが、手数料のことを考えて楽天銀行に変更しました。楽天銀行の開設はネット上の手続きだけで行えるのでとても楽チンですよ。楽天銀行の口座を持っていない人は、この機会に作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

ランサーズの出金手続きは少し特殊なので、最初は戸惑うかもしれません。でも実際に使ってみるとそんなに難しいものでもないので、すぐに慣れると思いますよ。

 

また、手数料を抑える方法も有効活用して、少しでも多くの報酬金をゲットしましょう。楽天銀行の口座を持っているならその口座を登録、持っていないならぜひ開設を検討してみてくださいね。