一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

家系ラーメン屋で4年間働いた自分が「お好み」注文数ランキング5を発表する

スポンサーリンク

こんばんは、明石照秋です。

 

先日の記事(クラウドソーシングで頑張った!)、本当にたくさんの方に読んでいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 

会社辞めました→クラウドソーシングで頑張った、ときて今回のタイトルがこれです。そうです、ネタ記事です。

 

なんだよ、もっとクラウドソーシングの情報書けよこらぁぁぁぁ!って方もいるかもしれませんが、Twitterのプロフィールにも書いてある通り、自分は真面目なことばかり書いていると爆発してしまうのです。

 

爆発するの意味が自分でも全く分かりませんが、とにかく爆発しちゃうのです。ということでネタ記事です。箸休め的な?

 

前置きはこれぐらいにして、さっそく本題に入りましょう。

 

大学生時代に4年間某家系ラーメン屋でバイトしてました

 

自分は大学2年から5年まで山◯家でバイトをしていました。もうこれ隠す意味ないんで言っちゃいますが、山岡家です。

 

山岡家をはじめ、〇〇家というラーメン屋は総称して家系ラーメンと呼ばれています(厳密には山岡家は違うらしい。家系ラーメン風ラーメンとか言われてるらしい)

 

家系ラーメン屋の特徴と言えば、なんといってもあのギトギトの脂、恐ろしい味の濃さ、かろうじて店主の良心が伺えるちょっぴりのほうれん草です。

 

そして、一番の大きな特徴は「お好み」です。ラーメンを頼むときに「脂の量」、「味の濃さ」、「麺の硬さ」を選ぶことができます。

 

正直、お好みなしでも殺しにかかっているラーメンなので、脂多めとか頼む人は正気を疑います尊敬しちゃいます。ちなみにyoutubeにある「早死三段活用」とかやってる人、結構います。そして、そういう人のほうがきっちりスープまで飲んでいくんですよね・・・。

 

自分は4年間バイトしていたので、どのお好みが多いか、逆にどのお好みが少ないかを体感的に把握しています。

 

そこで、今回はお好みランキングとして、注文の多かったお好みパターンを順番に発表していきます。

 

これを見て、あなたの嗜好がマジョリティなのか、マイノリティなのか判断してみてください。ちなみに本当のマジョリティは、「家系ラーメンなんて体が受け付けない」だそうです(友人談)

 

あ、ちなみにランキングは全て自分の体感です。当然、正確な数なんて数えていません。だから本当の注文数とは違うかもしれませんが、そこはご愛嬌ということで。

 

では、以下から発表していきます。

 

 

 

 

 

 

 

1位 お好みなし

 

・・・は?それってお好みランキングに入れていいの?これってお好みって言わないんじゃないの?ねぇ?

 

そんな声が聞こえてきそうですが、でもこれ本当なんです。たぶん、おおかたの人が「麺硬め」が1位だと予想していたんじゃないでしょうか。ところが、実は圧倒的にお好みなしで頼む人が多いのです。

 

理由としては、「いちいちお好みを頼むのが面倒くさい」、「やっぱりスタンダードが一番!」、「そもそもお好みがあることを知らない」あたりでしょうか。

 

まぁ、お店側としてもお好みなしが一番美味いと思って出しているはずなので(むしろそうじゃないとおかしい)、妥当なんだと思います。

 

ちなみに自分はお好みなしでも体が耐えられません。次の日、もれなくトイレとお友達になります。

 

2位 麺硬め

 

我らが麺硬め、残念ながら2位です。それでもお好みパターンの中では1位ですから、立派なものです。

 

麺硬めを頼む理由は、「麺に歯ごたえがあって美味しい」、「1秒でも早く食いたい」、「麺硬めを頼む俺、かっこいい」あたりですかね。

 

実は、麺硬めのお客さんに間違えて普通の硬さの麺を出してしまったことが多々あります。最初の頃は、「うわ、やっちまった!これクレームもんだ!やべぇー!」と、そのお客さんが帰るまでビクビクしていましたが、結局一度もクレームをつけられたことはありませんでした。人間の舌のいい加減さに本当に感謝しています。

 

3位 脂少なめ

 

3位は「脂少なめ」です。健康志向のお客さんが頼んでいましたね。が、正直言って脂少なめでも、普通のラーメンの数倍の脂が入っています。脂を丼に入れるときに「うへぇ」ってなります。

 

女性や高齢の方が注文されることが多かったように思います。でも、脂少なめのラーメンって綺麗に作るの難しいんですよ。

 

家系ラーメンには基本的に海苔が3枚ほど入っています。この海苔が綺麗に立っていると、ラーメン全体の見栄えがよくなります。

 

でも、脂少なめにするとすぐに海苔がスープを吸ってしまって、ふにゃふにゃになっちゃうんですよね。ちなみに、脂多めだど圧倒的な脂の層のおかげで、海苔がスープに触れることすらできません。さすが脂先輩まじぱねぇっす。

 

4位 麺硬め 味濃いめ (脂少なめ)

 

麺硬めに味濃いめ、さらに脂少なめが入る場合と、そうでない場合が同じくらいだったので同率4位にしました。

 

脂少なめの謙虚さがいいですね。頼む人もほっそりとした、慎ましい感じの人が多かった気がします。

 

5位 麺硬め 味濃いめ 脂多め

 

きました、「早死三段活用」。まさに家系ラーメンの集大成ともいえるお好みです。

 

注文する人はもうみなさんが想像している通り、デbとてもふくよかな人が多いです。

 

自分はお昼シフトと深夜シフト、両方経験があるのですが、深夜帯のほうが圧倒的にこのお好みを注文する人が多いです。特に、午前3時とかにこれを頼む人はどんな胃袋してんだ、って言いたくなります。

 

この注文が入ると、厨房も少しザワつきます。「漢だな・・・」って感じです。

 

おそらく普通の人は、スープの上に張っている脂の層を見ただけでお腹いっぱいになるでしょう。冒険心のある人はぜひ一度チャレンジしてみてください。さらにバターをトッピングすると、それはもうとっても素敵です。

 

最下位 麺柔め 味薄め 脂多め

 

番外編です。この注文をしている人は、自分の記憶にはありません。脂少なめにしている人は結構いました。柔め、薄め、「多め」の矛盾感がたまりませんね。店員の記憶に残りたい人は、ぜひ一度注文してみましょう。

 

自分だけの美味しいお好みを見つけてね

 

あなたの嗜好はどうだったでしょうか?まぁ、マジョリティだろうが、マイノリティだろうがどうでもいいんです。自分が美味しいと思えるお好みがあなたにとっての正解なんです。

 

ちなみに自分のオススメは「味濃いめ 脂なし」です。脂なしってなんだ?と思われるかもしれませんが、山岡家はけっこう柔軟に対応してくれます。

 

他にも、「味濃いめの濃いめ」とか「脂多めの多め」とかありますよ。「麺抜きで」というお客さんもいました。ラーメン屋に来る意味あるのかな?

 

家系ラーメンは「沼」みたいなものです。あんまり美味しくないって思っても、数日後にはまた行きたくなる、そんな不思議なラーメンです。友達は「麻薬でも入ってんじゃねぇか」って言ってました(もちろん入ってません)。

 

これを読んで家系ラーメンが気になった人は、近いうちに行ってみてはいかがでしょうか?