一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

大人になってからピアノを始めるのは遅いんじゃないかと悩んでいる人へ

スポンサーリンク

大人になってピアノを始めたいと思っている人、多いと思います。かくいう自分もそうでした。youtube、ニコニコ動画で弾いてる人みたいにかっこよく弾けたら...。昔から思い入れのあるあのクラシック曲を自分で弾いてみたい...。とても素敵ですよね。ただ、そんな人がピアノを始める前に考えてしまうことが一つあります。

 

「大人になってからピアノを始めてももう上達しないんじゃないか、もう手遅れなんじゃないか」

 

絶対にそんなことはありません。楽器は何歳から始めても十分に上達することができるものです。ピアノだって例外ではありません。大人からピアノを始めてクラシックの上級曲をバリバリ弾いてる方もいらっしゃいます。さすがに一流のプロを目指すというのは難しいかもしれませんが...。そこまで望む人は稀でしょうからね。

 

今回は子供の頃にピアノを始めた人とは具体的になにが違うのか。また、大人から始めた人が練習するにあたり、効率よく上達するためのポイントなどをまとめてみました。これを参考にして今からでもピアノを始めてみましょう。

子供からピアノを始めた人と大人からピアノを始めた人の差とは?

 

よくピアノは子供の頃からやっていないとうまくならないといわれますよね。自分はそんな馬鹿な(笑)って思っていたんですが、ちゃんと科学的な理由があるみたいです。その理由は後述するとして、具体的に大人からと子供からではどこでどんな差があるのか、それを考えてみましょう。

 

子供と大人では上達する上限が違う

 

いまいちピンとこない人もいるかもしれませんね。これはいわゆるドラクエとかRPGで考えてみるとわかりやすいです。

 

子供の時に始めた場合、レベルは最高で10000まで上がるのに対して、大人から始めるとレベルは最高でも1000までしか上がらない

 

こんなイメージです。なんだやっぱり大人から始めてもうまくならないんじゃないか!って思った人、そう思うのは早計です。よく考えてみてください。ドラクエでレベル1000まで上げたこと、あります?(上限は99っていうツッコミはなしでお願いします笑)それどころか99まで上げた人もほとんどいないと思います。

 

ピアノに当てはめても同じことです。上限がレベル1000だとしてそこにたどり着くのはいつになるんでしょう。20年後?40年後?おそらく寿命を全うするまで趣味にしてもたどり着けないでしょう。要はやる前から上手くなる限界なんか考えても意味がないってことです。限界なんかはるか雲の上にあるんだから。

 

どうして始める時期によって上限の差が生まれるのか

 

考えても意味がないといっても、この理由はちょっと気になりますね。一般的に考えられている理由として2つあります。1つめは、

  • 優れた音感が身につくのは幼少期の音楽の経験によるものが大きい

 

これは聞いたことあるんじゃないでしょうか。いわゆる絶対音感といわれるものですね。絶対音感は幼少期にしか習得できないとも言われています。この時期に音感が最も発達すると考えられているためです。理由の2つめは、

  • ピアノの指を動かす神経は12~14歳ぐらいで最も発達する

 

この時期にピアノを集中的に練習することによって一生モノのピアノ指が出来上がるわけですね。主にこの2つが大人から始めた人との大きな差ということです。でも...

 

この差が影響してくるのはプロレベルになってから

 

ある一定のレベルまでは練習量で十分カバーできると言われています。差がでるのは上の例でいうとレベルが1001になるかならないかってことですね。こんなことは今から考えても仕方ないです(笑)それよりもどうやって効率よく上達するかを考えた方が有意義ですね。そもそも500ぐらいのレベルがあったら弾けない曲ってもうなさそうですね。ラスボスだって一撃です(笑)

 

効率よく上達していくには

 

大人の人は練習時間の確保が一番の課題でしょう。平日は仕事がありますし、休日でも家族がいるお父さんは家族サービスをしなければならないとか...。一日に1、2時間も練習出来たら御の字かもしれませんね。

 

なので効率よく練習することを心がけましょう。ここが大人のアドバンテージです。自分で工夫して練習の能率を上げることができるのです。子供だとそこまで考えて日々練習してる子は少ないでしょう。

 

30分の練習時間で1時間の練習効率を、1時間の練習時間で2時間の練習効率を上げられるように集中してやっていきましょう。

 

具体的にはどうやるの?

 

練習する際に意識するポイントや初心者が身につけてしまいやすい悪いクセなどをまとめています。以下の記事内で効率よく練習するコツなどを書いているので、ぜひ参考にしてください。

上達に差が出る、ピアノを弾くときの正しい姿勢とは?チェックポイントは6つ! - Myピアノライフ

一日のピアノの練習時間ってどのくらい?少ない時間で効率よく練習するには - Myピアノライフ

自分の出した音ちゃんと聞いてますか?ピアノ練習のときの録音の大切さ - Myピアノライフ

 

とにかくやってみることが大事

 

大人から始めてもうまくなるのかな...心配な気持ちはよくわかりますが、こんなことをずっと考えていてもピアノは上手くなりませんよね。こう考えている間にも、同じ大人からピアノを始めた人とはどんどん差がついているのです。今からでも全然大丈夫です。音楽のある生活って素敵ですよ。

ぜひ良きピアノライフを!