一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

目に優しいモニター「EIZO FlexScan ev2450」をレビュー!使用感とか目の疲れの改善度合いをまとめたよ

スポンサーリンク

こんにちは、明石照秋です。

 

パソコン使う仕事をしていると目が疲れますよねー。自分もwebライターになってからパソコン画面を6時間以上見つめる日が多くなったので、目が死にかけました。

 

これはいかん!ということで行った対策は2つ。ブルーライトカット眼鏡を購入、そして目に優しいモニターを導入しました。

 

そのおかげか目の疲れは激減!今では10時間以上パソコンの前に座っていてもほとんど目の負担は感じません。半年以上経った今でも、どちらも重宝しています。

 

そこで今回は、自分が買ったモニター「EIZO FlexScan EV2450」を紹介、レビューしたいと思います。ぱちぱち。

 

 

目に優しいモニター「EIZO FlexScan EV2450」の良いところ

 

 

モニターと言えばEIZO!と巷では言われていますね。自分も大学生時代に先輩から「EIZOはいいぞ」なんてギャグまがいのことをほぼ毎日聞かされていたので、モニターを導入する際にはEIZOの製品を買うことにしていました。

 

さて、自分が購入した「FlexScan EV2450」は目に優しいモニターだと定評があります。それについては公式ページでも詳しく解説されており、簡単にまとめると、

 

  • フリッカーフリー(画面のちらつきを抑え、目への負担をカット)
  • 目にダメージを与えるとされるブルーライトを大幅カット
  • 周囲の明るさを自動検知して、疲れない輝度に自動調整

 

といったところです。自分は機械にそこまで詳しくないので、これらの凄さはよくわかりませんが、とりあえず目の負担が減ったことだけは実感できています。すごいぞEIZO。

 

 

EIZOの悪いところ

 

使っていて品質は申し分ありません。画面も大きく、美しいので、非常に作業がはかどります。

 

ただ、唯一のネックはやや価格が高いことでしょうか。27インチタイプだと9万円近くするんですよね。パソコン買えちゃうよ。

 

自分が買ったのは23.8インチのもので価格は35,252円でしたが、同じサイズのモニターで安い製品ならば2万円もあれば購入できてしまいます。

 

とはいえ、目の負担のことを考えると、多少高くても仕方あるまい・・・!と思い、購入に踏み切ったわけでございます。その分働けばよいのだ。

 

 

使用感のレビューとか

 

それでは使用感のレビューを画像を交えながら進めていきますね。

 

自分はAmazonで購入したので、注文後2日で製品が到着。こんな感じの段ボールに入って送られてきます。

 

f:id:teruakipiano:20170714125205j:plain

 

さっそく使おうとしたんですが、ちょっと組み立てが必要だったので、サクサクと組み立て作業をば。といっても、台座にモニター本体をはめこむだけなので、5分もあれば問題なくできると思います。

 

そして、電源コードをつなぎ、パソコンとも接続。「HDMIケーブル」、「DVI-Dケーブル」が一緒についてくるので、別途にケーブルを購入する必要はない・・・と思います。最近のパソコンならいずれかの端子はついていますからね。超薄型だとないかもしれません。

 

f:id:teruakipiano:20170714125142j:plain

 (画面中央に写っている端子がHDMI端子です。この形状のものがあればとりあえずOK。見えにくいですが、端子の真上に小さく「HDMI」と書かれています)

 

以下からは「FlexScan EV2450」の特徴を解説していきますね。

 

 

フレームが小さい

 

f:id:teruakipiano:20170714125058j:plain

(フレーム幅は5mmくらい)

 

まず一番驚いたのがフレームの小ささ。ちっさ!ほぼ画面じゃん!

 

うちはダブルスクリーン状態にしているのですが、フレームが小さいおかげでスクリーン間の移動がとてもスムーズです。購入したらぜひ試していただきたい。

 

 

画面がでかい

 

f:id:teruakipiano:20170714125333j:plain

(ノートパソコンは14インチ。だいたい1.5倍強くらいですね。机の上が汚いのは許してね)

 

画面がでかい、ということがこんなに素晴らしいものだと思いませんでした。だって画面上に表示される情報量が凄いんだよ!Yahooのトップ画面がめっちゃ下のほうまで映るよ!これに慣れるとノートパソコンの画面が小さく思えます。

 

 

スクリーンの角度、高さを自由に変えられる

 

f:id:teruakipiano:20170714125640j:plain

(みょーん)

 

ちょっと力を込めて動かすと、スクリーンの角度や高さを自由に操作できます。角度はともかく、高さが調節できるのはめちゃ便利です。

 

自分に合わない高さに画面があると肩や腰に大ダメージくるんですよね。それが解決できるのはとてもありがたいです。

 

 

スクリーンは縦にもできる

 

モニターは横長のイメージがあると思いますが、FlexScan EV2450」はスクリーンを縦にすることもできます。これもちょっと力を込めて動かすだけなので、横にしたり、縦にしたり、ナナメにしたり(?)自由自在です。

 

f:id:teruakipiano:20170714125310j:plain

(使い道はない) 

 

23.8インチを縦にすると、もうなんか凄いですよ。なんに使うんだこれ(笑)って感じですが、プログラミングコードを書くときに便利だそうです。確かにとんでもない行数になるしなぁ。

 

 

「EIZO FlexScan EV2450」を買ってよかったこと3つ

 

冒頭でも書いたように、目の疲れが激減したことが一番嬉しかったですね。翌日まで疲れを持ち越すようになっていたので、それが全くなくなったのはありがたかったです。

 

生産性もかなり上がりました。ダブルスクリーンにすると同時にタブを2つ表示できるので、情報を調べたり作業をする際にいちいちタブを切り替える必要がなくなります。あと、単純に画面が広いことも生産性のアップに大きく寄与してる気がしますね。これはいいものだぁ・・・。

 

最後の一つは「なんかかっこいい」です。いや、ダブルスクリーンってなんか無性にかっこいいじゃないですか?友達が家に来たときも「うぉー!スゲー!」って言われるようになりました。まぁ、それだけですが。

 

 

予算に余裕があるなら27インチ、でも23.8インチでも満足できるはず

 

このシリーズは23.8インチ、24.1インチ、27.0インチの3種類のサイズが発売されており、価格はそれぞれ3.5万円前後、5万円前後、9万円前後となっています。

 

自分は23.8インチを使っており、仕事や事務作業であればこのサイズでも十分だと思います。ただ、映画を観たい!ゲームをしたい!ということであれば、27インチのほうが迫力もあってよりベストかもしれませんね。

 

自分の予算と用途に合わせて購入すればいいんではないかと思います。

 

 

まとめ

 

なかなか高額な商品だったのでポチるのは多少勇気がいりましたが、現状では凄く満足しています。買ってよかった。

 

パソコンによる目の疲れが気になる人や、新モニターを導入しようと考えている人にはとくにおすすめしたいモニターです。ぜひ検討してみてくださいね。

 

 

24.1インチはこちら↓