一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

メガネのズレとはこれでさよなら!セルシールUとメガロック【レビュー】

スポンサーリンク

こんばんは、明石照秋です。自分はAB型なのですが、蚊はAB型の血が好きなのだとか。こんな自分でも誰か(?)のために役立っているんだと考えると幸せな気持ちになります。...そんな風に考えられる大人に僕はなりたい。

 

今回は眼鏡がズレることについての対処法の記事です。今の日本ではおよそ60%の人が眼鏡を所有しているらしいです。確かに大学の時とか周り眼鏡ばっかりだった気がする。自分も含めて。

 

まあ自分は勉強のしすぎで目が悪くなったんですけどね。HAHAHA。...嘘です、絶対ゲームのしすぎです。

 

ここで話を戻して、メガネユーザーにとって夏は嫌な季節です。なぜなら汗で眼鏡がずれるから!眼鏡かけてない人にとったら、「ふーん」で済みそうな話題なんですが、大変なんですよこれが。

 

ひっきりなしに眼鏡を上げないといけないし、両手がふさがっている時なんて荷物放り投げてでも眼鏡の位置を直したくなります。

 

眼鏡が下にずれてるのって不快なだけじゃなくて、見た目も間抜けなんですよね。ワンピースのクロみたいにかっこよければいいんですが、だいたい目の悪いおじいちゃんみたいな感じになっちゃいます。

 

中学生からこの年まで諦めていたんですが、友達に「これいいよ!」って勧められた物が素晴らしくて、眼鏡がズレる悩みから開放されました。こんなものがあったのか、と感動したので紹介したいと思います。

 

セルシールU

 

まず一つ目はセルシールUという商品です。これは鼻あてのところにくっつけるシリコンのような物で、シリコンにある程度の粘着性があって滑り止めのような役割をします。これによって汗をかいても鼻あてが滑っていかなくなるため眼鏡がズレなくなる、という寸法です。

 

どんな鼻あてにでも使えるので便利です。付けて最初のうちは少し違和感がありますが、自分はすぐに慣れました。見た目も他人からは見えないのでダサくなる心配とかはないです。あと安いので財布の負担にならないところも有り難いですね。

 

良いところばかりではなく欠点もあります。まず1つ目はシリコンをつけることによって、今までの目とレンズの距離などが変わるので、最初はやっぱり違和感があります。眼鏡のフレームとか曲がると違和感凄いですもんね。でも自分は比較的すぐに慣れたので、そんなに気にするほどのものでもないかなといった感じです。

 

2つ目はあくまで消耗品であるということです。使い方によりますが、半年もてば大往生といったところです。眼鏡つけたままお風呂入る人とかはもっと早く寿命がくるでしょう。

 

ただ値段が安いので、壊れたらすぐ買い換えることができます。消耗品であることよりも、眼鏡がズレない恩恵のほうが自分にとっては大きいです。日頃から眼鏡をかけてる人におすすめですよ。

 

メガロックF

 

もう一つはこのメガロックFです。これは耳の後ろのつるのところに付ける道具です。形がフック状になっていて、耳の後ろでひっかかるようになるんですね。これも眼鏡のズレをほぼ完璧に防ぐことができます。

 

こっちも最初のつけはじめの頃は違和感が少しあったんですが、すぐになくなりました。思ったよりも柔らかい素材なので耳が痛くなったりということもないですね。見た目も周りの人からはほとんど見えません。後ろに立って耳のあたりを凝視すればわかるかもしれませんが、そんなことする人はほとんどいませんよね笑

 

欠点としては、やっぱり消耗品ってことですかねー。上でも書いたように半年程度持てば万々歳で、風呂とかにも眼鏡をつけて入る人なんかはもっと早いでしょう。ある日突然壊れてなくなると凄く困ったので、今は家にいくつか常備してあります笑 まあ400円程度なので数ヶ月ごとに買い換えてもそんなに負担にならないんですけどね

 

まとめ

 

2つ紹介しましたが、どちらもとても便利ですよ。もちろん眼鏡屋さんでフレームを調整してもらうのが正攻法なんですが、それも面倒に思う人にはおすすめです。特にこれから暑い時期で眼鏡がズレやすい時期になるので、早めに対策しておくと余計なストレスを抱えずに済みますよ。

それでは、明石照秋でした。