読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

天才の曽祖父が残した遺言状の謎を解け! 「舞面真面とお面の女」【小説オススメ】

スポンサーリンク

今日は野崎まど作の「舞面真面とお面の女」を紹介しようと思う。

 

あらすじ

 

箱を解き

石を解き

面を解け

   よきものが待っている

 

舞面真面(まいつらまとも)は理工学部に所属する大学生。一年も終わりに差し掛かった頃、叔父である舞面影面に頼みたいことがあると言われ、彼の家に出向くことになる。

 

影面の家では、影面(かげつら)の一人娘であり、従兄弟である水面(みなも)と久しぶりの再会を果たす。彼女も影面に呼ばれ、帰省してきたのだという。

 

影面が頼みたいこととは、彼の祖父、真面たちにあたる曽祖父、舞面彼面(かのも)が残した遺言の謎を解いて欲しいとのことだった。

 

彼面は一代で財閥を築いた事業家であり、その彼がいう「よきもの」には皆が大きな期待を抱いていたものの、これまで誰一人遺言の謎を解けたものはいない、とのことである。

 

遺言状の文面からは詳しいことはなにも読み取れなかったが、真面たちはそれらしい「石」を屋敷の近くの広場で発見する。

 

そこに「面」と被った一人の少女が現れる。彼女は中学生ぐらいの背丈であったが、その身振り、話しぶりは年相応には思えず、謎深き少女だった。

 

果たして真面たちは彼面が残した遺言状の謎を解き、「よきもの」を手に入れることができるのだろうか。

 

「舞面真面とお面の女」はこんなお話

 

心の箱、体の石、そして、「面」

 

彼面の残した遺言状に書かれていた「箱」、「石」に関してはそれらしきものが見つかっている。

 

それらはそれぞれ「心の箱」、「体の石」と言われ、心の箱は舞面影面が保存しており、体の石は屋敷の近くに鎮座していた。

 

しかし、それらにはこれといった特徴はなく、「解く」とはなんなのかすら見当もつかない。

 

また「面」に関してはいまだそれと言われるものは見つかっていなかった。

 

この3つのキーアイテムを調査していくことで物語は進んでいく。

 

「面」を被った少女、「みさき」

 

突然、真面たちの前に現れた面を被った少女。彼女は自身を「みさき」と名乗った。

 

見た目は中学生ほどだが、その人を食った態度やしゃべり方はとても中学生には見えない。

 

さらに、彼面の残した写真に、「面」を被った少女が写っており、影面も「面」を被った少女に会ったことがあるのだと言う。

 

彼女は一体何者なのか。また身につけている「面」は、遺言状にあった「面」が意味するものなのだろうか。

 

彼面が残した「よきもの」とは?

 

事業家であった彼面が残した「よきもの」。それは時代によって決して価値の変わるものではないのだと言う。

 

お金?宝石?いくつかの候補が挙がるものの、そんなものではないと告げられる。

 

果たして天才と言われた彼面が残した遺産とはなんだったのか?

 

終わりに

 

以上、「舞面真面とお面の女」を紹介した。

 

ちょうど3日ほど前に野崎まどの処女作、「[映]アムリタ」を読んだところ、その作風にハマったので連続で読んでしまった。

 

この作者は最後にどんでん返しを用意するのが好きなようで、今回も一杯食わされたような読後感が残った。

 

そういう展開が好きな人におすすめしたい作品。

関連記事