一日一学

毎日が勉強です。その内容を少しでもシェアできるようなブログ作りを心がけています

【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方を詳しく解説したよ

スポンサーリンク

「話題の仮想通貨を買ってみたい!でも購入方法がわかんない!」

 

こんな人多いんじゃないかと思います。自分も今まで投資の経験とかなかったので、ビットコインやそれ以外のコインを買う際にはつまずくポイントがいくつかありました。

 

その経験を記事にしておけばきっと誰かの役に立つのでは・・・!?と思ったので、どこで仮想通貨は買えるのか、どんな手続きが必要なのかについてまとめてみました。これから仮想通貨の投資にチャレンジしようと考えている人の参考になれば幸いです。今回は「イーサリアム」の購入方法について書いていきますね。

 

取引所へのアカウント登録から、実際の購入画面まで、スクショを交えながら説明していきます。

 

 

イーサリアムはどこで買える?

 

イーサリアムは仮想通貨のひとつで、ビットコインの仲間のようなものですね。ビットコイン以外のコインはアルトコインと呼ばれたりもします。仮想通貨はビットコイン以外にもたくさん種類があるんですよ。

 

さて、イーサリアムの入手方法ですが、主に3つあります。「自分のお金で購入する」、「誰かから譲ってもらう」、「マイニングする」の3つです。

 

「マイニング」については初耳の人も多いと思いますが、今回は除外します。というのも、マイニングで稼ぐには超スペックのパソコンが必要になるので、素人にはほぼ不可能だからです。

 

誰かに譲ってもらうのも難しいでしょうから、実質的に自分のお金で購入する一択になるでしょう。じゃあ、どこで買えるの?というと、「取引所」を利用します。

 

 

イーサリアムは取引所を介して購入できる

 

「取引所」なんて聞くと、なんだか難しそうなイメージがありますが、決してそんなことはないので安心してくださいね。アカウント登録してお金を入金すれば、すぐに買えるようになりますよ。口座開設とか、チャートとか、そういった専門的な知識がなくても購入可能です。実際、自分もど素人でしたが、普通になんとかなりました。

 

現在、イーサリアムを購入できる主な取引所には、

 

coincheck(コインチェック)

bitFlyer(ビットフライヤー)

 

の2つがあります。他にもいくつかあるのですが、それらは海外の取引所になるので、慣れないうちは避けたほうが無難かもしれません。

 

「coincheck」と「bitFlyer」の大きな違いは、扱っているコインの種類です。「bitFlyer」ではビットコインとイーサリアムの取り扱いしかありませんが、「coincheck」ではそれら以外にも多くのコインを購入できます。

 

自分は両方登録してみて、「bitFlyer」のほうが使いやすく感じたので、そちらをメインに使っています。とりあえず両方に登録してみてからどちらを使うか判断するとよいでしょう。アカウント登録は無料ですし、登録後も取引しない限りは費用はかかりません。

 

ここからは、「bitFlyer」でイーサリアムを購入すると仮定してお話ししていきますね。

 

 

まずは「bitFlyer」にアカウント登録しよう

 

 

なにはともあれ、アカウント登録しないと取引所は利用できないので、さっそく登録手続きをしましょう。手続きには免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要なので用意しておいてくださいね。

 

まずは以下のバナーからbitFlyer公式サイトへアクセスしましょう。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

こんな感じのページが表示されますから、左上の部分に注目してください(赤枠で囲っているところ)。

 

f:id:teruakipiano:20170620215856p:plain

 

 

 

「Facebook」、「Yahoo!」、「Google」のアカウントを持っていれば、そのアカウント情報を利用して登録することもできます。持っていなければメールアドレスを入力して、「アカウント作成」をクリックし、送られてくるメールに記載されているキーワードを入力しましょう。

 

次は本人情報の登録画面になります。入力内容を間違えないように注意してくださいね。

 

f:id:teruakipiano:20170609120250p:plain

 

それが終わると本人確認書類のアップロード画面に移動します。免許証や健康保険証の写真を撮り、パソコンに取り込んでアップロードを行いましょう。写真はスマホカメラでも十分ですよ。書かれている文字が読めるように撮ってくださいね。

 

f:id:teruakipiano:20170609123659p:plain

 

最後に取引目的の確認画面が表示されるので、自分に合致する項目にチェックを入れて、「入力する」をクリックします。

 

f:id:teruakipiano:20170609120328p:plain

 

次で最後の手続きです。出金先の銀行口座の情報を登録しましょう。これは儲けが出たときにbitFlyerからその儲けを振り込むための口座です。登録画面には「ホーム」の右下から移動できますよ。これが終わればアカウント登録は完了です!また、bitFlyerに入金するための口座も自動的に準備されます。

 

f:id:teruakipiano:20170609123820p:plain

 

 

アカウント確認には少し時間がかかる

 

さっそくイーサリアムを買おう!とワクワクしているかもしれませんが、実はすぐには買えません。アカウントの確認作業には少し時間がかかるためです。

 

どのくらいかかるかはいろんな要素によって左右されるようなので断定はできませんが、数時間程度で認証された、という口コミをそこかしこで見かけます。ちなみに自分はなぜか1日以上かかりました・・・。日曜日に登録したせいかもしれません。登録が終わったら、ビットコインやイーサリアムについてのんびり調べたりして時間をつぶしましょう。

 

 

口座に入金しよう

 

アカウント承認が終わったら、トップページに移動したときにその旨の通知が表示されます。これ以降、自由にビットコインやイーサリアムの売買ができるようになりますよ。

 

じゃあ、さっそく入金して取引を・・・といきたいところですが、その前に必ず「アカウントの二段階認証」の設定を行っておきましょう。場合によっては大きなお金が動くこともありますから、セキュリティ面は万全にしておくべきです。二段階認証の設定も「ホーム」からできます。設定自体はすぐに終わるので忘れずに行っておきましょうね。

 

f:id:teruakipiano:20170609120638p:plain

 (ホーム画面の右下あたりにあります)

 

二段階認証が完了したら、いよいよ入金です。bitFlyerへの入金方法は大きく分けて3つあり、どれでも好きな方法を選べます。それぞれについて説明していきますね。

 

 

クイック入金

 

インターネットバンギングやATMを利用して入金する方法です。この方法のメリットは365日24時間いつでも入金できることで、入金が反映されるのも一瞬です。一番お手軽でオススメな方法だと言えるでしょう。自分もこの方法で入金しています。

 

クイック入金の仕方は主に4つあり、ここでは最も利便性が高い「インターネットバンギング」による入金方法を解説していきますね。インターネットバンギングとは、ネット上で口座間のお金の移動を行う方法で、ネット環境さえあれば自宅にいながらbitFlyerに入金することができます。

 

ただ、一部インターネットバンギングに対応していない銀行もあるので、手続き前に確認してくださいね。こちらから確認可能です。

 

インターネットバンギングによるクイック入金を行うには、ホーム画面の左メニューにある「入出金」をクリックし、表示される画面で「クイック入金」をクリックします。

 

f:id:teruakipiano:20170609120802p:plain

(こんな画面が表示されます)

 

そして入金したい金額を入力して「インターネットバンギングで入金する」をクリックすれば、あとはページの指示に従っていくだけで入金が完了します。

 

といっても最初は不安でしょうから、少額だけ入金してみるとよいでしょう。ただ、一回の入金につき324円の手数料がかかることに注意してくださいね。

 

 

三井住友銀行の指定口座に直接入金する

 

アカウント登録が完了すると、あなた専用の入金用口座が自動的に作られます。ここに振り込みを行えば、bitFlyerに入金が反映されるので、なんらかの理由でクイック入金ができない場合はこの方法を検討してみましょう。

 

ただ、入金処理がやや遅れることがある、振り込み手数料がかかるといったデメリットがあるので、できるならクイック入金で済ませたいですね。

 

 

クレジットカードを使って購入する

 

bitFlyerではクレジットカードを使ってビットコインを購入できます。手間がかからずとても簡単な方法なのですが、この方法で購入したコインは最低1週間売却できないというデメリットがあります。値動きがやや激しい仮想通貨の取引において、このデメリットは致命的なので、利用はできる限り避けましょう。

 

なにより、この方法で購入できるのはビットコインだけで、イーサリアムは対象外となっています。

 

 

いよいよイーサリアムの購入へ!

 

入金を行い、処理が反映されたら、さっそくイーサリアムを購入してみましょう。bitFlyerではイーサリアムの購入方法は2つあり、「販売所」を利用するか、それとも「取引所」を利用するかです。

 

ただ、いきなり販売所やら取引所なんて言われても意味がわかりませんよね。以下で詳しく解説していきますから一緒に見ていきましょう。

 

 

販売所で買う

 

f:id:teruakipiano:20170609121017p:plain

 

販売所では、bitFlyerから直接イーサリアムを購入できます。株の取引でよく見られるユーザー間で売買する形式ではないので、直感的かつシンプルにコインを買えますよ。

 

また、この方法ならイーサリアムを日本円で購入できるというメリットもあります。取引所でイーサリアムを購入するためには、一度、日本円をビットコインに交換しなければなりません。取引所では日本円⇔イーサリアムの取引は行われていないためです。

 

日本円でビットコインを買って、さらにビットコインでイーサリアムを購入するとなると、取引を最低でも2回行う必要があり、初心者には少しハードルが高いでしょう。初めて仮想通貨を購入する場合は、販売所を使うのも賢い選択です。

 

ただ、販売所を介した取引にもデメリットがあります。それは取引所より高値になってしまうケースが多いことです。そのときのイーサリアムの価格にもよりますが、だいたい1ETH(イーサリアム)あたり千円、もしくはそれ以上高くなると考えておきましょう。

 

販売所を利用するには、左メニュー欄にある「イーサリアム販売所」をクリックします。するとその時点でのイーサリアムの売買価格が表示されるので、欲しい数量を入力して「コインを買う」をクリックしましょう。これで購入手続きは完了です。

 

初めて価格を見たときはその高さに驚いてしまうかもしれませんが、0.1単位や、それ以下の単位でも購入できるので安心してくださいね。右側に日本円でいくらになるのかが表示されるので、それを参考に数量を決定しましょう。

 

 

取引所で買う

 

取引所では他のユーザーとイーサリアムを売買することになります。販売所と比べるとやや手続きが複雑ですが、ただ購入するだけならそこまで難しくありません。販売所より安く買えることが多いので、仮想通貨に慣れてきたらこちらを利用していきたいところです。以下でスクショを交えて解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

取引所を利用するには、左メニュー欄の「bitFlyer Lightning」をクリックします。すると、一見本格的な取引画面が表示されます。思わず面食らってしまいますが、操作方法はシンプルです。冷静に見ていきましょう。

 

まず、最初に表示されている画面は「日本円⇔ビットコイン」の取引画面です。取引所では「日本円⇔イーサリアム」の売買は行われていないので、一度日本円をビットコインに交換しなければなりません。

 

わけのわからない数字やチャートがたくさんありますが、主に見るべきポイントは一つだけで、それは右真ん中にある「売り」や「買い」が表示されている項目です。

 

f:id:teruakipiano:20170609121930p:plain

 

少し上に数量を入力する欄がありますよね。ここに購入したい数量を入力して、「買い」をクリックすれば売買を行えます。

 

取引所での売買方法には「指値注文」と「成行注文」があります。この2つの違いを以下で見ていきましょう。

 

指値注文とは?

 

f:id:teruakipiano:20170609122153p:plain

 

指値注文とは、この値段だったら買うよーという注文を予約しておくことです。取引価格は常時変動していますから、それを利用した注文方法ですね。

 

たとえば、現在の価格が30万円だったとして、28万円で指値注文しておけば、この価格に下がってきたときに自動的に取引が行われます。欲しい数量と希望価格を入力し、「買い」をクリックすれば注文が行われます。現時点での取引価格は、真ん中にある表からわかります。

 

f:id:teruakipiano:20170609123256p:plain

 

「最終取引価格」のところに書かれている数字が現時点での取引価格です。 他の数字についても解説しておくと、左側はビットコインを売りたい人の売却希望価格を、右側は買いたい人の購入希望価格を示しています。それぞれの希望額の折り合いがついた場合に取引が行われる、ということですね。

 

指値注文を上手く使うのは少し難しいので、慣れるまでは「成行注文」を使ったほうがいいでしょう。

 

 

成行注文とは?

 

f:id:teruakipiano:20170609122357p:plain

 

 

成行注文とは、現在の価格ですぐに取引を行うことです。注文を入力すれば、その時点での取引価格でビットコインを購入することができます。こちらのほうがシンプルなので、最初は成行注文を使うことをおすすめします。

 

ただ、取引は売る人と買う人がいないと成立しませんから、必ずしも現時点での価格で取引が行われるわけではないことに注意しましょう。といっても、1BTC(ビットコイン)程度の取引ならそこまで気にする必要はありません。

 

 

ビットコインをイーサリアムに交換しよう

 

ビットコインを購入できたら、さっそくそれをイーサリアムに交換してみましょう。画面最上部にある「ETH/BTC」をクリックすればビットコインとイーサリアムの取引画面に切り替わります。

 

取引方法は日本円⇔ビットコインの場合とほぼ一緒です。数量や価格の表記が日本円ではなく、ビットコイン単位になっていることに注意してくださいね。ここでも欲しい数量を入力して、「買い」を押せば取引が完了します。

 

これで晴れてイーサリアムを購入することができました。あとはできるだけ値上がりするように祈りましょう!

 

 

まとめ

 

仮想通貨の購入って難しそう、というイメージがあるかもしれませんが、やってみると意外に簡単なものですよ。自分もそういった先入観がありましたが、いざ取引してみると思いのほかすんなりできました。

 

ビットコインやイーサリアムを実際に購入してみることで、仮想通貨に対する知識もある程度つきましたし、なにより取引が面白いです。3,000円程度から買えますから、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ただ、無理な取引は絶対にやめましょうね。あくまで余剰資金を使って、取引を楽しみましょう。

 

各取引所のトップページは以下のリンクからどうぞ。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin