プログラマーに俺はなる!

webライターからプログラマーへ。HTML?なにそれ美味しいの?からスタートしたけど、プログラミング楽しいです

昔懐かしの駄菓子を勝手にランキング付けしてみた【20種類】

スポンサーリンク

こんばんは、明石照秋です。最近、完全に夏バテ気味です。体重が減り続けています。これは新しいダイエットになるのでは...!!(ダメです)

 

今回は小学生の味方、駄菓子について書いてみたいと思います。自分も子供の頃よく食べていました。特徴はなんといってもその異常な安さ!10円とか20円とかザラです。お小遣いの少ない小学生には非常に助かるお菓子でした。

 

あとはその謎の味付け。今思えば一体なにからできているんだってお菓子もたくさんありました。美味しかったからいいんですけどね。

 

そんな懐かしい駄菓子を今一度思い返すためにも自分が勝手にランキングを作りました。自分は今26歳なので、年が近い人は懐かしさに包まれることでしょう。もちろん今も売られているお菓子もたくさんあるので、気になったらスーパーなどで手に取ってみては? それではいってみましょう!

 

20位:フエラムネ 60円

 

お菓子とおもちゃが合体した夢の食べ物、フエラムネですね。口にくわえて息を吐くとピーッと音が出ます。よくうるさいって怒られました。味も捨てずに中々美味しいのが好評価です。

 

19位:コーンポタージュ 30円

 

名前のとおり、コーンポタージュの味がするスナックです。これ、味が濃いんですよねー。飲み物がないと食べ続けることができませんでした。また唇や歯の裏によくくっついてもやもやしてました。さくさくして美味しいですけどね。

 

18位:うんちグミ コーラ 10円

 

小学生は「うんち」や「うんこ」といった言葉が大好きです。それを見越してお菓子の名前に「うんち」をつけるセンスは素晴らしいですね。大人になって考えてみると全くありえないんですが。開発者はきっと純真な子供の心を忘れていなかったのでしょう。

 

またこのお菓子には当たり、ハズレがあってそれも子供心にドストライクでしたね。

 

17位:梅トラ兄弟 30円

 (画像は違う商品です)

ウルトラマン」をパロった商品ですね。パッケージにもウルトラマンによく似たキャラクターが描かれていました。味は今でいうカリカリ梅のような感じでした。子供に梅は...とも思いますが、好きなやつは異常に好きでしたね。

 

あと食べ終わった梅干しの種をぶつける遊びが流行ってました。汚い話ですね。

 

16位:焼肉さん太郎 10円

 

自分の中で謎の食べ物ランキング1位です。ホントになにから出来ていたんでしょうね?ただ味はバツグンで、焼き肉の風味がそれとなく味わえます。うまく食べないと口の周りがベタベタになりました。

 

15位:ミニラムネ コーラ味 30円

 

ドラム缶を模した形のパッケージで売られていました。子供ってこういう少し変わった形の物、大好きですよね。

 

これは一気に食べる派と一粒ずつ食べる派で派閥争いがありました。自分はケチなので一粒ずつ大事に食べてました。

 

14位:ポテトフライ 30円

 

味が濃いお菓子その2です。味覚が破壊されるんじゃないかってぐらい味が濃縮されていました。美味しいんですけど、一袋食べたらもういいかな...。あと食べてる最中、パラパラこぼれるのでよく怒られていました。

 

13位:こんにゃくゼリー 10円

 

自分は蒟蒻畑なんて食べなくてもこんにゃくゼリーで十分です。味は比較になりませんが...。

 

いろんな色があってワクワクしていました。全種類制覇しようとよく食べていましたが、色によって味が違う、というようなことはなかったような...。この時期は凍らして食べるとより美味!ですね。

 

12位:ヨーグル 20円

 

ヨーグルトのようななにかです。味もヨーグルトに近いんですが、よく味わってみるとなんか違います。食べ方が変わっていて、木のへらですくって食べるんですよね。自分はこういう変化球なお菓子が大好きでした。

 

11位:サイダー餅(さくらんぼ 青りんご) 20円

 

これも少し変わったお菓子でしたね。つまようじで刺して食べます。猛者は一気に口の中に放り込んでいましたが...。

 

うちの地元では青りんご味は超レアで駄菓子屋さんに入荷すると速攻無くなっていました。

 

10位:まるごと酢イカ 60円

 

イカ足が串に刺さっていて、酸っぱく味付けされています。これは当時高級品でしたね。なにせ60円もするんですから。他の駄菓子なら2個、あわや3個買えるかもしれませんからね。買ったやつは羨望の眼差しで見られていました。

 

9位:そのまんまコーラ 30円

 

なにが「そのまんま」なのかはわかりませんが、地元では当時一番人気のガムでした。3個入りなんですが、1個だけ酸っぱいものが入っています。いわゆるロシアンルーレットなんですが、酸っぱいほうが人気あったんですよね。子供向けに配慮された結果、ちょうどいい酸っぱさになっちゃっていました。当たるとむしろラッキー!といった感じでした。

 

8位:チョコバット 30円

 

大人にも人気のある駄菓子ですね。サクサクしていて美味しいです。大人になって知ったんですが、このお菓子、おつまみにすごくいいんですよ。お酒好きの人は一度試してみては?酔っ払ってるときに当たりが出るとテンションの上がり方がヤバいです。

 

7位:うまい棒 10円

 

もう説明不要の駄菓子ですね。今でもスーパーに行くと必ず置いています。10円という安さ、またその食べ方(遊び方)もいろいろ工夫できて大人気でした。

 

地元ではポッキーゲームならぬうまい棒ゲームが流行りました。くわえてる途中に思いっきり息を吐かれて、中の粉が一気に口に入ってきて死にそうになったのもいい思い出です。

 

6位:ビッグカツ 30円

 

とても有名なビッグカツですが、いろいろ種類があるみたいですね。うちの地元ではこれが主流でした。とんかつの厚さには負けるものの、味はしっかりしていてとても食べごたえがありました。今はこれよりさらに大きいビッグカツが販売されているみたいですね。

 

5位:ブタメン 60円

 

駄菓子らしくないんですが駄菓子屋さんに置いてあったのでランキングに入れました。冬に食べるとめちゃうまでした。またそのいい匂いから周りへの破壊力は抜群でした。せめてスープだけでも!みたいな感じで食べてる人に殺到していました。

 

4位:きなこ餅 10円

 

f:id:teruakipiano:20160713220417j:plain

(出典:駄菓子とおかしのみせ エワタリ)

つまようじにきなこ餅が刺さったちょっとかわいい駄菓子です。つまようじの先に赤い色が付いていると「当たり」でもう1個もらえます。食べてみないとわからないので楽しみながら食べていました。

 

つまようじを歯茎に刺して血をつければ当たりになるんじゃね?とか恐ろしいことを言ってるやつもいましたが、実行したかは知りません。10円のためにそこまでできるなら大物でしょう。10円ですが。

 

3位:面白ジュース (コーラ スポーツ味) 30円

 

夏場の救世主でした。野球やドッチボールをやったあとに飲むこのジュースは最高でしたね。味は炭酸の抜けたコーラみたいなお世辞にも美味しいものではないんですが、乾いた喉には最高の飲み物でした。最高の調味料は空腹、みたいなものですね。

 

2位:タラタラしてんじゃねーよ 30円

 

インパクトのある名前ですね。イカ?の珍味みたいな駄菓子です。特徴はその辛さ!見た目は普通で、口に入れても最初はなんともないんですが後から辛さがじわじわきます。一気に口に全部入れる罰ゲームとかも流行りました。

 

1位:チロルチョコ 10円

 

今はちょっとおしゃれなお菓子になりつつありますが、自分が子供の時はまだまだ地味な駄菓子でした。10円という安さ、1口で食べられる手軽さ、いろんな種類がある楽しみ、それらを考慮して1位にしました。

 

今はもう20円になってしまったんですよね。その分ちょっと大きくなりましたが。小さすぎてバーコードが印刷できないからちょっと大きくした、っていう噂は本当なのでしょうか?

 

まとめ

 

懐かしい駄菓子はあったでしょうか?今思えば味はたいしたことないお菓子も多かったんですが、当時は美味しく感じていましたね。お菓子を食べる機会があんまりなかったのと、少ないお小遣いながら自分で買った、という満足感から美味しく感じていたんでしょうか。大人になった今、もう一度食べてみると新しい発見があるかもしませんよ?

 

それでは今日はこの辺で、明石照秋でした。

 

関連記事